Home > 2011年01月

2011年01月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

佐賀三根, 2010年1番血統♂

この個体は体長80mmあって、昨年の美コンに応募を思案していました。
かつて私が筑後川流域産にイメージしていたような形ではあったのですが、少し好みのでるマニアックな形であった事、前胸背板の浅いエクボが気になった事、等から応募候補からもれました。
種親としては、1番期待の1番血統になっております。

系統的には三根産の完全アウト(別採集材からの累代F1から)で構成されて、
今期配合には同腹♀と異腹♀を試みましたが、ここまで全く違う経過がでています。

異腹配合(1C系統)は、この血統としては十二分な経過できています。
32gupが現われた時は、久しぶりに震えました。
同腹配合(1A系統)は、親の世代の経過と比べてもグレードダウンは否めません。
羽化結果次第では必要となる系統になるかもしれませんが、、。

80.3mm/27.9mm/5.7mm,(F2)
12815sgma.jpg
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

佐賀三根産,2010年飼育データ

佐賀三根産,2010年1番血統♂
(80.3mm/27.9mm/5.7mm)
SMCA15.jpg
1A系統飼育データ
1C系統飼育データ


佐賀三根産,2010年2番血統♂
(78.1mm/27.3mm/5.6mm)
SMCC11c.jpg
2A系統飼育データ
2C系統飼育データ


佐賀三根産,2010年3番血統♂
(77.7mm/26.9mm/5.2mm)
SMCC19b.jpg
3A系統飼育データ
3C系統飼育データ




  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

2010年飼育も終盤

3本目交換も、ほぼ終わりました。

ここまで、35gupは3頭のみでした。
今年の飼育温度帯は、昨年から充分練ってのものでした。
ほぼ設定どおりの枠で飼育していたと思います。
しかし、35gを目標にして思惑どおりの温度帯でこの結果。
ここ数日、今年はどうして上手くいかなかったのかずっと考えていました。
居食いが伸びなかったり、食痕の感じ、アバレの多さ、、、
やっちゃったかなーという感じの所を少なくとも2点思い付きました。
難しい事ではないのですが、気付かず全く出来ていませんでした。
来期は、まずそこをきっちり修正したいと思います。

幼虫飼育前半が全てではありませんが、
来期は2本目交換時の幼虫頭幅と3本目交換時の35gup幼虫の出現数、
ここを今年との比較対象にして、幼虫飼育の合否判断したいと思います。
なかなか瞬時に判断出来ないのが難しい所ですね。

NSYG(2E-05) 35.4g
2e-05.jpg


NSYG(3A-16) 35.2g
3a-16.jpg


NSYG(5A-02) 35.4g(初計測時)
5a-02.jpg

3頭とも期待はしています。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home > 2011年01月

タグクラウド
リンク
Dorcus binodulosus

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。