Home > 2009年飼育雑記 Archive

2009年飼育雑記 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

羽化ラッシュ

2009年飼育個体も羽化ラッシュ後半といったところです。

能勢YGは、今のところ7,8頭80mmupが出てます。
全くの期待外から82mm台後半位が出ました。
3齢幼虫の平均頭幅から推測して、昨年の504系統かそれ以上の期待はありましたが、秋以降の管理が悪かったので結果もそれなりになってしまいました。
体調も頭幅もあまり出ていません。
これには非常に悔しい思いが残りましたので、今年は繰返さないように、修正して気持ち新たに挑みます。

1番マーク♂幼虫は期待どおりで良い形でしたが、ダイエットしすぎていたので腹部が短い小さい。
頭幅28.3mm位ありますが80mmupギリギリです。
最終交換時24gでしたからしょうがないかなと思います。

久留米もやっていますが、大きさ形ともに全くダメ。
種親超え出来ません。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

♂の蛹化

♂はあまり見ていなかったのですが、今日見てみると結構蛹がいました。
全体の1/4くらい蛹化しているかもしれません。
6月中には何頭か掘出せそうです。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

続♀の羽化

♀は、毎日少しずつ羽化しています。
何頭か様子見で掘出してみました。
今年も小さいですね。
49mm前後が多いようです。
もっとしっかり飼育しないといけません。
♂は蛹化ラッシュまでまだ時間がかかりそうです。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

♀の羽化

本日5月17日、今年最初の♀羽化個体を確認しました。
4頭ほど、昨日今日で羽化したようです。
♂はやっとシワシワがいました。

プレ企画発表後、私信頂きました応募者皆様ありがとうございました。
こちらの記事にてお礼申し上げます。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

やっと

♀の蛹化ラッシュが始まりました。
年明けてからの最高気温は22.7℃です。変態するには十分な温度なのですね。
適当な時間をかけて体内の老廃物を全部出しきって、今年もスカっと完品羽化して下さい!
データを見ると、これでも昨年より少し早くここまできてます。

私は温度ショックという手法が嫌いです。
冬期間がしっかりとれていれば、そんなに温度上げなくても自然に羽化するものだと思っています。
体内全ての老廃物を排出し、じっくり液状化させていくという、一生で一番大事な時間を慌てさせるような事は、私には恐くてとても出来ません、
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

羽化はまだまだ

2009年の個体群は、♀でやっとシワシワが出てきました。
蛹室はかなり前から作っていましたが、今年の低気温の影響かなかなか変態しません。
明日明後日あたり、蛹室にきのこでも生えてこないか心配です。

2010年種親群のペアリングは順調そうで、ほとんどのペアがゼリーホルダーの下で寄り添っています。
早く初齢幼虫を見て安心したいですね。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

♀幼虫の移動

昨日から♀幼虫の飼育場を移動。
いきなり5℃くらい上がったかな?
それでも16℃前後だから極端にアバレはないと思う。
あとは気候に応じて上がっていくだけなので、
ここ2、3日の変化だけは気をつけよう。

♂幼虫は、外から様子の見える物がほとんどありません。
寒すぎるんでしょう。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home > 2009年飼育雑記 Archive

タグクラウド
リンク
Dorcus binodulosus

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。